ます ござい 指導 いただき ご ありがとう

👌 (2)おかげさまで. 店を出る際には、「本日のご来店、誠にありがとうございました」、もしくはいつもご利用いただき、誠にありがとうございます」と言われます。

12
・・・てよい 連絡してよい。 今回いただいたアドバイスを生かして、しっかり精進していきたいと思います。
ます ござい 指導 いただき ご ありがとう

😂 次回からは、「不在でしたので、内容をお聞き下さいますか?」でよろしいのでしょうか この場合は、後者の方が適切です。 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形 色づけしたところが主に違います。

5
「ご指摘」自体が敬語表現 「ご指摘」自体が敬語表現であるため、 このまま目上に対して使える言葉です。 感謝の念を禁じ得ない といったようになります。
ます ござい 指導 いただき ご ありがとう

💙 今後、益々のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 とても丁寧な言い回しになりますので、さらっと使えるようになるとあなたの好感度もアップすること間違いなしです。

全体的な流れとしては、「~いただき」のほうが優勢になりつつあるようです。 ご指導いただき誠にありがとうございました。
ます ござい 指導 いただき ご ありがとう

👉 209 に、 「お/ご~してくださる(ください)」「お/ご~していただく」は、一般に誤り。

17
/まことにありがとうございました。
ます ござい 指導 いただき ご ありがとう

😈 18 1年前に私はその職場から退きました。 」 指摘に対する感謝 13、「ご指摘ありがとうございます。 今回いただいたアドバイスを生かし、しっかりと精進していきたいと存じます。

18
」 28、「残念ながらご指摘のように会員数が減少してきております。 「お返事」には「答えの言葉、返答」という意味が含まれています。
ます ござい 指導 いただき ご ありがとう

🤜 「~していただきまして、ありがとうございました」 「~してくださいまして、ありがとうございました」 これもどちらも「間違い」ではないとされていますが、厳密に言うと「~してくださいまして(もしくは「~してくださり」)」でないとおかしいと主張する人もいます。

8
/いつも格段のご協力をいただきまして、まことに恐縮しております。
ます ござい 指導 いただき ご ありがとう

💕 つまり,「読む」「いる」という二つの語をそれぞれ別々に敬語(この場合は尊敬語)にしてつな げたものなので,「二重敬語」には当たらず,「敬語連結」に当たる。 「指摘」とは問題点を指し示すこと。

1
ビジネスシーンで分からないことがあり、目上の相手へ質問をするシーンでは多くで「ご教示」が使われます。