重 阿部 和

☯ 著者の意図を離れて、「シブヤ系文学」「J文学」などの造語まで生む作品となった。

10
2020年6月5日 を更新しました。
重 阿部 和

✊ 脚本家が原作の良さを映像表現に移し替える方法を熟知していたのに対し、原作者の方は、小説の方法は知っていても、それを映像表現に適用することができなかったわけです。

19
2009年、〈〉11月号で『』の連載を完結、刊行された同書で第46回を受賞している。 『ニッポニアニッポン』を読み終えたいまは特にそう思う。
重 阿部 和

⚠ カーペンターの無責任…。

3
2004年「シンセミア」で伊藤整文学賞、毎日出版文化賞。 デビュー以来、日本文学の最先端を疾走し続ける阿部和重の危険な作品世界は、いまや次々に現実となっていく。
重 阿部 和

🙄 それはたとえば、本作にも如実に窺われる「擬似ドキュメンタリー」的な表現に対する阿部のスタンスの変化である。 『文學界』での連載を単行本化、中原昌也との共著• 第161回 「むらさきのスカートの女」• 「占い」に関する書き下ろし3篇も収録。

19
この二作には、どちらも長編作品のような時間が流れており、実際、二人姉妹の妹が語り始める後者は『ピストルズ』を思わせもする(執筆時期も重なる)。
重 阿部 和

💙 頭に来たときにはストレートに「ぶっ殺す」と言ってのける。 第108回 「犬婿入り」• 『』1997年、講談社• 第114回 「豚の報い」• この節はなが全く示されていないか、不十分です。 その時は面白くないと思っても、しばらく寝かせておいて、違った時に読むと、面白い発見があったりするということでしょうか。

、、、との共著、、の編集による。
重 阿部 和

🙌 後者は、一〇年後にやってきた「あの波」にいよいよ今度こそ乗ろうと決意するサーファーの話だが、「あの波」に乗ったとき、「ぼくら」が向き合っているのは、間違いなく日本である。 第109回 「寂寥郊野」• 地味なモンテ・ヘルマン。

4
第1は目、第2は歯、第3は耳、第4は臍(へそ)。 今日も、大バカ者が超レアなブランド腕時計を命を賭けて万引きし、ストーキングを純愛と誤解する。