宣言 熊本 緊急 延長 事態

🎇 一方で 県全域に対して20時までとしていた 飲食店への営業時短要請は8日以降緩和され、 熊本市中心部の酒類を提供する飲食店に限り22時までとなります。

1)令和3年2月28日までのお休みは、全て振替授業をお受けいたします。
宣言 熊本 緊急 延長 事態

💢 「福岡県が継続しているということだけで県が追随することにはならない」とも強調した。 熊本県では1月14日に県独自の緊急事態宣言を出しましたが、 その前日の時点で、国が示す6つの指標のうち 5つが最も高い 『ステージ4』という深刻的な状態でした。 一方で、宣言を解除する目安としてきた病床の使用率について「依然として国の分科会が示す指標のうち、ステージ3の基準の25%を上回り、特に熊本市内の病床の使用率は、50%程度とひっ迫した状況が続いている」と述べました。

」 ことから、まだ解除できないとしています。 <対象スクール> 熊本校・武蔵ケ丘校 計2校. 飲食店への営業時間の短縮要請は、対象を熊本市中心部で酒類を提供する飲食店に絞り、時間帯も午後8時までから同10時までに変更する方向で検討している。
宣言 熊本 緊急 延長 事態

😔 福岡県でも同様に23%減となるなど、「良い傾向だ」と官邸幹部。 会員皆様方のご理解をどうぞよろしくお願い申し上げます。

感染率が10%程度しか抑制できない「悲観シナリオ」のケースでは、宣言は4月まで継続が必要になるとした。
宣言 熊本 緊急 延長 事態

✊ 酒類提供店に限らず、県内全ての飲食店に対象を広げ、営業時間も2時間前倒しして午後8時までとしている。 解除か延長か、県は難しい判断を迫られている。

東京都は25日時点で、新規感染者のうち60代以上が26%、70代以上が17%を占め、人口10万人当たりの療養者数は124人と高水準。 東京都の新規感染者数は一時期、2千人を超える瀬戸際の状況だったが、25日に618人、26日は1026人に。
宣言 熊本 緊急 延長 事態

👇 2月18日以降も次の対応を引き続き実施させていただきます。 延長期間の途中に病床稼働率が改善されれば、前倒しで宣言や時短要請を解除する。

11
5日午後3時からの県の対策本部会議で正式に決定します。
宣言 熊本 緊急 延長 事態

✋ そして昨日2月4日時点では 病床使用率のみ『ステージ3』に、 それ以外は『ステージ2』までに下がっています。 感染の確かな減少傾向及び病床使用率の確実な現象の見通しを確認するために、緊急事態宣言を延長し、不要不急の外出自粛や飲食店の時短営業等について改めて要請しました。 クラスター関連では、県内36例目が発生した障がい者支援施設みつば学園(芦北町)の入所者2人、県内29例目が発生した熊本市中央区の「水前寺とうや病院」で医師1人の感染が新たに分かった。

県有施設の開館時間について 基本的に午後10時までとします。 木村敬副知事は4日の記者会見で「病床稼働率は25%を目指しているが、道のりはまだ長い」と述べた。