問題 プラスチック 環境

🖐 その1つがレジ袋有料化であり、生産量や使用量の抑制と、廃棄量の削減につながります。 そのため、最終的にはバイオマス(植物、細胞・微生物)由来の生分解性プラスチックを研究開発する取り組みが求められる。

4
PCや家電製品など現在回収できているものについては、引き続き適切な回収・処分を進めていけばよい。
問題 プラスチック 環境

🚀 問題の解決に向けて プラスチックごみの問題を解決するために必要なことの基本は、いわゆる3Rです。 左から、芳川隆一キャスター、坂下千里子さん、Mr.シップ、ゲストの古坂大魔王さん、国際部横川浩士デスクです。 レジ袋有料化が環境問題の解決策になる? 2020年7月1日より日本ではレジ袋が有料化されました。

13
自然投棄されたプラスチックごみの中には風に飛ばされたり、河川に落ちて流され、海へと辿り着きます。
問題 プラスチック 環境

🤛 日本にいると、あまり街中でプラスチックゴミが散乱しているところを見ませんが、実は日本人にとっても、他人事ではもうないのです。 例えば、サトウキビなどの植物から得られたエタノールを基に製造されるバイオPE(ポリエチレン)は、植物由来であるためバイオマスプラスチックに該当するが、生分解性は低いため生分解性プラスチックには該当しない。

3
そしてそれから間も無く、ついに人の便からも検出されたのです。
問題 プラスチック 環境

✔ また、サトウキビ由来のポリエチレンも実用化が計画されています。 このレジ袋により腸に致命的な閉塞が起こり、死に至ることもあります。 プラスチックの分子鎖構造、結晶構造、高次構造をどのように変えると分解速度が向上するのかを明らかにすることは、さまざまな種類の生分解性プラスチックを研究開発する上で大いに役立つはずだ。

4
生分解性プラスチックは微生物の働きによって最終的にはCO2と水に分解される。 生分解性プラスチックへの置き換えを優先的に進めるべきは、非耐久財で使用後に回収できていない用途である。
問題 プラスチック 環境

😆 そうしたプラスチックごみがポイ捨てされたり、屋外に放置されたりすると、雨や風によって河川に入り、海に流れ出てしまいます。 PETボトルのリサイクルについては、こちらの記事「」で紹介しています。

1
しかし、改善どころか新たな問題が起こってきています。 環境に負荷をかけた、持続可能とはいえない経済発展が続く限り、この海洋プラスチックの問題も、今後さらに拡大すると考えられています。
問題 プラスチック 環境

⚛ 日本でも、すかいらーくが2020年までにプラスチック製ストローの使用を廃止することを発表しました。

17
では、生分解性プラスチックの種類を増やすためにはどのようなアプローチが考えられるだろうか。 その上で施策を立案し、実施していくことが取り組みの大枠となっていきます。
問題 プラスチック 環境

👣 これは、この海洋プラスチック問題を多くの人に知ってもらうと共に、ご関心をお持ちの方々にも、この問題を自ら、広く伝えていただけるツールとして開発したものです。 一方の「バイオマスプラスチック」は、再生可能なバイオマス資源を原料として、化学的または生物学的に合成することにより得られるプラスチックと定義されている。

10
しかし、世界全土で行われているわけではないことから、大気汚染へのリスクも考えると、プラスチックの利用は抑えなければいけないものだと考えられます。 しかし、本来自然界に存在しない物質が広く生物の体内に取り込まれた結果を、楽観視することは許されません。
問題 プラスチック 環境

👏 政府は基本的に取り組みの舵取りをすることが第一にあるため、まずは 目標達成までの計画を立てることから始まります。

例えば代表的な植物性プラスチックであるポリ乳酸では、原料となる糖類はジャガイモやトウモロコシなどから得られるデンプンに酵素を作用させて作られています。 最後に、取り組みの方向性の一つの事例として、革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)「セレンディピティの計画的創出」(合田PM)で開発された「細胞検索エンジン」を紹介したい。