ダーク メイジ 風花雪月

⌚ 同盟ルートではグロンダーズの会戦で登場。 第一部の白雲の章であれば、 ・EP4「女神再誕の儀」の課題出撃 ・EP6「死神の噂」の課題出撃 ・EP8「炎と闇の蠢動」の課題出撃 ・EP12「戦乱の幕開け」の課題出撃 上記のエピソードの課題出撃で出現する強敵となります。 課題の成功度合いによって、報酬が獲得できる。

8
ジェラルト自身にとっても唯一の弟子である。 長子のリュファスに紋章が発現しなかったため、その弟のランベールに次期国王の座を譲った経緯の持ち主で、これだけを見ると「紋章至上主義」に否定的なエーデルガルトとは正反対の人物であるが、その一方で王国貴族の中では小領主であるドミニク家の、それも嫡子でなく加えて紋章も発現していなかったギルベルトことギュスタヴを一兵士から騎士へと引き立て、さらには息子のランベールの指導を任せるという、実力を重視するエーデルガルトに似た部分も併せ持つ人物であった。
ダーク メイジ 風花雪月

✇ 敵の急所を突く戦いを得意とする。

9
名称は煤闇の章が追加された際に明らかになった。
ダーク メイジ 風花雪月

🤐 あまり表情を変えず、自らについて多くを語ろうとしないが、釣りと料理、木彫りを趣味としている。 炎帝 Flame Emperor 炎帝専用職。

9
ソティス暦が恒星を基にして制定されたことは前述しました 作中でのソティスとの因果性は 「を見上げて」という曲名にも顕著です。 普段は豪放磊落だが、主人公に自分の過去やセイロス教団について一切話さないなど、秘密主義的なところもある。
ダーク メイジ 風花雪月

😒 自他ともに厳しく辛辣であり、兄の婚約者だったイングリットからも問題児扱いされているが、実際は貴族嫡男かつ大紋章持ちでありながら紋章や貴族の立場に驕ることを嫌っており、先生である主人公も同じ剣士として見ている。 剣術師範として、主に鍛錬を担当をしている。 父ジェラルトが率いる傭兵団に身を置いている。

20
レアことセイロスの同胞にあたり、ネメシスとの戦争では妻や娘のフレンと共に参戦。 最上級職「エピタフ」にしやすいので、しばらくは微妙だが、剣士系ルートを進むのも有り。
ダーク メイジ 風花雪月

🐝 マスタースキルは蛇毒。 「メイジと何が違うの?」 覚えるマスタースキルと成長率が 変わってくるのが特徴です。 正体は神祖ソティスが最後に産んだ「女神の眷属」にしてセイロス聖教会の開祖である「 聖者セイロス」。

15
傭兵を目指すきっかけとなったジェラルトを尊敬しており、彼の一番弟子を自称している。
ダーク メイジ 風花雪月

💋 戦闘後、再び移動できる。 戦争編でのデフォルトの衣装はソードマスター。

8
「 魔物」とも呼ばれる。
ダーク メイジ 風花雪月

👌 剣の腕は王国内でも広く知られ「 雷獄のカサンドラ」の異名で呼ばれていた。

4
人懐こい笑顔が似合う青年。 帝国や「闇に蠢く者」を倒しレアを救出すると、主人公にフォドラの新たな統治者となってほしいとフォドラの未来を託す。
ダーク メイジ 風花雪月

♨ 隣接する敵の回避-20。 降り立つ赤い凶星。

9
子供扱いされることを嫌うが、お化けが苦手といった子供らしい一面もある。