ご 自愛 ください 時節柄

✍ 本格的な寒さに向かう時節、風邪など召されませぬようご自愛ください。 「~の折り」「時下」 手紙で使う「時節柄」の類語として良く使われるのは「~の折り」または「時下」です。 これでは素敵な言葉が台無しになってしまいますね。

特に多くの人が、「上司などの目上の人や、社外の顧客などの大切なお客様への年賀状で使ってもいいのか?」という疑問を持つかもしれません。
ご 自愛 ください 時節柄

✌ 使い方としては、基本的には手紙の最後の挨拶として使われます。 季節の変わり目となり体調を崩しやすくなってきましたので、くれぐれもご自愛ください。 年賀状で使える「ご自愛ください」の例文 年賀状の挨拶には、「ご自愛ください」が頻繁に使われます。

20
丁寧な手紙を書きたいけれど、頭語・結語、時候の挨拶、結びの挨拶など、どう書けばよいのか分からないという方は、も是非ご活用ください。
ご 自愛 ください 時節柄

❤ 春寒料峭のみぎり、体調を崩されませんよう、どうぞご自愛ください。 残念ですが、今回は時節をわきまえて中止とさせていただきます。 一方で「特別な注意は必要ないだろうと思うこと」「一般的なこと」であれば「季節柄」を使います。

上記の例文のように、「時節柄」は手紙やメールなどで使われます。
ご 自愛 ください 時節柄

👋 ・残暑去り難く厳しき折柄、何卒ご自愛ください。 類語としては「くれぐれも体調を崩されないように」「お体をお労りください」「お体を大切にしてください」などが挙げられるでしょう。 親しい間柄であれば、ビジネスシーンにおけるメールの文末に使用することも可能です。

6
あざやかな紅葉の季節、どうぞお健やかにお過ごしください。 「ご自愛ください」の使い方と例文 「ご自愛ください」は尊敬語のため目上の人に使える 「お(ご)〜ください」という形はよく使われる定型句で、相手に「何かを要望・懇願などを言うこと」を促す意味合いを持ちます。
ご 自愛 ください 時節柄

😒 年賀状の書き添えとする使い方で「ご自愛ください」を付け加えれば思いやりが増した文章に! 今回は、「ご自愛ください」を年賀状で添え書きする意味と使い方について見てきました。

18
「時節柄、ご多用と存じますがお近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください」• なぜならば「ご自愛くださいませ」は、健康である人に使うのであり、病気や怪我に悩まされている時に使うのは好ましくないです。 手紙の「時節柄」を口頭で使う場合には、知人などと会ったときの挨拶として「時節柄お忙しいでしょう」「時節柄スーツを着るのが辛くなってきました」など、「季節的に」という意味とほぼ同義で使うことができます。
ご 自愛 ください 時節柄

⌚ 例えば、何かをする時に「今このタイミングでない」という場合に「時節を待つ」という言い回しを使用します。 そこから、季節または世情の現在の様子や風潮を汲んで、それにまつわるお願いを相手にするときや、それに基づいて自分の行動を説明するときに「時節柄」という言葉が使われるようになりました。 この2つの違いは「範囲」です。

こちらの「時節柄」は主に口頭での会話で使われます。