グレイス ホンダ

☣ 全体的にフルモデルチェンジ前よりもスポーティでシビック寄りのデザインとなっていることが伺えます。 「5ナンバー、セダン、ハイブリッド、DCT、自然吸気」と5つも独自の機能を持つグレイスは知られていない名車なのだ。

6
あくまで加速フィールは、ですよ。
グレイス ホンダ

😒 結果、身長172cmのボクのドライビングポジションを基準とした後席ひざ回り空間はフィット+20mmの275mmに達し、何と2クラス上のアコード同等! 足もとはゆったり足が組めるほど広大だ。 しかし、快適性に関しては、足の動きはスムーズだがグレイスのキャラクターを考えるとタウンスピードでの乗り心地は若干硬めに感じた。 なお、同社の日本市場向け5ナンバーサイズのスタイルの4ドアセダンとしては1月に販売を終了した以来5年11か月ぶり、かつその中でもハイブリッドカーに限定すれば 以来9年ぶりの投入となる。

NVH ノイズ、振動、突き上げ が前期型に比べてかなり改善された。 マイチェン後の走行1万キロ弱の試乗車 EXをディーラーで購入しました。
グレイス ホンダ

⚑ しかし、渋滞時のごく低速でのノロノロ運転だとモーターを走行用に使用するので発電するタイミングが無くなります。 ただし、ハイブリッド車とは異なり、ECOドライブ ディスプレイとエネルギーフロー機能は装備されない)。

外板の一次プレスをフィットと共通化しようという意図が強すぎたのが、極度に前につんのめったようなフォルムになった一因だろう。
グレイス ホンダ

🐝。 車両前後に装着された計8つのソナーセンサーとの組み合わせにより、従来機能を拡充するとともに、近距離衝突軽減ブレーキが追加されます。 たしかに高速道路だろうと一般道だろうと、車内でしゃべる声がよく聞き取れるな、と感じてはいた。

2
2017年5月 ボディカラーの設定を変更。
グレイス ホンダ

✋ そもそもフィットほどは売れていませんしね。 【走行性能】 取り回しはしやすい部類だと思いますよ。

グレイス ホンダ

🤙 高速を走るとフィットよりずっと静かで落ち着いた走りと乗り心地で、長距離もこなせそうです。 また、2016年9月発売の特別仕様車「STYLE EDITION」の特別設定色だった「ルーセブラック・メタリック(有料色)」、「ミッドナイトブルービーム・メタリック(有料色)」も追加し全7色の設定とした。

5
トランクはさすがの大容量で、ほとんどの人は不満が無いと思います。 次に、信号停止状態から加速する時に、 EV状態からエンジンを始動させるペダルの踏み込みの強さの違いを感じました。