一 小説 岩泉 夢

☎ です!あーるのハイキュー短編集リク書きおわったのでつくりました。 「……ありがとうございました…………」 ぽろりとこぼれ出た言葉で、3度目のありがとうを。

2
『あれって……!』 友達がうわずった声を上げる。
一 小説 岩泉 夢

✊ 口を開こうとしても、余計な力がそれを阻止する。

何、別れ話? でも、岩泉先輩は学年の違う私を、わざわざ一クラスずつ回って探してくれたわけで。
一 小説 岩泉 夢

😜 だって、これは岩泉先輩と二人っきりになれる貴重なチャンス。

だって今日は、一年に一度きりのホワイトデー。 関連イラスト. 恥ずかしすぎて、顔を上げられない。
一 小説 岩泉 夢

😜 」 花巻と松川がにやにやしながら聞いてきたもんだから、つい2人に厳しい視線を送ってしまう。 ガラの悪いように見えるが一本芯の通った男前な性格をしており、ここぞというときには必ずスパイクを決めチームの士気を高める。 そこにいたのは、我らが青城のプリンス、及川徹先輩。

11
机の間をぬっていくと、及川先輩の背後に見えたツンツンヘア。
一 小説 岩泉 夢

😩 あたしに近づくな。 いつもと違うことといえば、教室の空気が甘いこと。 中はいるか?」と言ってくれたけれど、私はブンブンと首を横に振った。

17
体育館裏にはやっぱりというか何というか、誰も居なくて。 何か言わなくちゃ、そう思っても、真っ白な頭には何の言葉も浮かばない。
一 小説 岩泉 夢

👌 逆に助かった安心感から泣いたのか? 岩泉、ヒーローじゃん。

20
また、過激な内容を含みますので、性描写が苦手な方もご注意ください。
一 小説 岩泉 夢

🖕 火照った体が一気に冷めて、肌寒さに少しだけ身震い。 。

『お返し渡したいって』 つまり、岩泉先輩がそこにいるってこと。 呼吸が浅くなって、恋ってこんなに苦しいものだっけと困惑する。