東急 キャピトル

🙄 こちらのホテルでは何のステータスも持っていないため、当然ながらアップグレードはなく、予約通りのアサインとなりました。 アメックスでは現在、紹介プログラムによって獲得できる特典が高騰中です。 営業時間:6:30~20:00(19:00受付終了)• <ザ・キャピトルホテル東急における一休のダイヤモンド会員特典>• いただいたもの そんなこんなで、カクテルタイムでいただいたものをご紹介していきたいと思います。

7
カウンターの上には、ボトルがずらずらっと並べられます。
東急 キャピトル

🖐 味も醤油から胡麻、海苔、など、豊富に揃えられていました。 誰でもコツさえ掴めば、 年20万マイルを超えるような大量ANAマイルを獲得できるようになります。 夜景もなかなか綺麗です。

ウェルカムギフトとしてチョコレートアソート (1滞在につき1箱)• しかし、東急とヒルトンとの間では、このホテルの運営受託契約の条件をめぐる争いが起き、東急側により1967年4月22日に「 ホテルジャパン東急( Hotel Japan Tokyu)」へ改称される事態となる。 また、サービスも「さすが日系の老舗ホテル」と思わせる細やかさで、安心感あふれるものでした。
東急 キャピトル

👊 また、日枝神社も至近です。 ミニバー 続いてはミニバーです。

4
隈研吾氏のデザインによる和の本質を追求した高層複合ビルに入居しており、最新かつ快適な設備を誇っています。
東急 キャピトル

🙂 設備としては、プールとジム、ロッカーの大きく3つに分かれています。 東京メトロ丸ノ内線「国会議事堂前駅」、千代田線ホーム経由で6番出口から地下直結• とってもシンプルですね。 アフタヌーンティー• 眼下には「日枝神社」の姿をとらえることができます。

5
このため、ザ・キャピトルホテル東急にあるオールデイダイニング「ORIGAMI」で、かつてのキャピトル東急時代に愛されていた「パーコー麺」や「ナシゴレン」、「ジャンボバーガー」、「ジャーマンアップルパンケーキ」などが継承の味として提供されている。 合わせてご参照ください。
東急 キャピトル

😔 トースターも用意されているため、ちょっと温めてからいただくこともできます。

17
ふわふわでかなり重厚感のあるボリュームタイプです。 白とベージュを基調としたシンプルな内装に、照明の温かい黄色が包み込む、上質な空間になっています。
東急 キャピトル

🤙 一方のヒルトン側は1984年(昭和59年)9月1日に、に竣工した新宿国際ビルディングのホテル区画に『 (現:ヒルトン東京)』として開業した。

ただ、名前等を確認するのは初回利用だけです。 どれも良い品ばかりで、素晴らしいですね。
東急 キャピトル

⚒ メニューに記載されているのは以下5種類のみですが、ラウンジで提供しているドリンクであれば何でもOKという雰囲気でした。 最初、金庫をなかなか見つけられなかったですが、ベッド脇のサイドテーブルの引き出しの中に収納されていました。 スイートルーム宿泊者 「ザ・キャピトルホテル東急」およびそれを統括する「東急ホテルズ」にも会員制度はありますが、その特典としてクラブラウンジへのアクセス権は提供されていません。

18
フードもドリンクも質が高く、おもてなしの心が伝わる素晴らしいクラブラウンジでした。
東急 キャピトル

😂 「」というのは有名なコーヒー豆の輸入販売業者で、JALや無印良品などにコーヒーを提供しています。

19
スリッパはこんな感じで、ロゴ入りのふかふかタイプ。 ちなみに、男性用はドライサウナですが、女性用はスチームサウナになっています。
東急 キャピトル

⚠ 予約したのはクラブフロアでは一番スタンダートとなる「 クラブデラックスキング」となります。 営業時間:6:30~20:00(19:00受付終了)• ザ・キャピトルホテル東急のクラブラウンジをブログレポート!<The Capitol Lounge SaRyoh> 今回は、「ザ・キャピトルホテル東急」のクラブラウンジである「The Capitol Lounge SaRyoh」をご紹介したいと思います。 18階から26階:客室• ザ・キャピトルホテル東急:予約した客室とコスト 今回、こちらの「ザ・キャピトルホテル東急」の宿泊には、予約サイトである「一休」のプライベートセールを利用しました。

冷蔵庫の中はこんな感じで、無料のお水(2本)とジュース(オレンジとアップル)が用意されていました。