ヘルタ フランクフルト 対

🙌 ブンデス [2月28日 18:57]• プレミア [2月20日 23:35]• FIFAクラブ・ワールドカップを制してからのリーグ2試合で白星から遠ざかるバイエルン。

19
大迫は3点ビハインドの後半11分からトップ下の位置で出場したものの見せ場は作れなかった。 右CKからトゥザールのヘディングシュートでゴールを脅かされた。
ヘルタ フランクフルト 対

😀 バイエルンのハンジ・フリック監督が悔しさを滲ませつつ、前を向いた。

一方、前節首位バイエルンとの上位対決を制したフランクフルトは、その試合から先発を3人変更。
ヘルタ フランクフルト 対

🤝 4-1でが見事逆転勝利を収めた。

16
ブンデス [2月28日 1:35]• 長谷部は8試合連続のスタメン入りとなり、76分までプレー。
ヘルタ フランクフルト 対

⚠ 立て続けに失点を許したフランクフルトは、65分に鎌田、ローデ、ドゥルムを下げてヨビッチ、フルスティッチ、バルコクを投入する3枚替えを敢行。 GKトラップが弾いたボールをサージェントが押し込んだが、スルーパスを受けた段階でラシツァがオフサイドと判定され、ノーゴールに。

10
ヨビッチやA・トゥーレ、エンディカに代えてアンドレ・シウバ、ソウ、ドゥルムが先発に名を連ねた。 相手GKにコースを読まれながらも強烈な一撃を突き刺し、ダメ押しの3点目を奪った。
ヘルタ フランクフルト 対

🙌 しかし、再びチャンスを迎えたのはホームチームだった。

さらに後半アディショナルタイムにはA・シウヴァがPKを獲得し、同選手自らキッカーを担当。
ヘルタ フランクフルト 対

⚓ ボックス右に侵入したアンドレ・シウバがボヤタに倒された。 フランクフルトは28分に決定機。

15
クラブ公式サイトが伝えている。 2007年8月11日• スペイン [2月28日 8:34]• ブンデス [2月21日 9:33]• スペイン [2月28日 7:17]• ブレーメンのFW大迫勇也がベンチで戦況を見守るゲームで、MF長谷部誠や鎌田大地を先発起用したものの、リーグ戦12試合ぶりの敗北を喫したヒュッター監督は試合後、悔しさを滲ませた。
ヘルタ フランクフルト 対

👈 さらに86分、3のスルーパスにアンドレ・シルヴァが抜け出すとこれを冷静に決めて4点目。 ボックス右からピョンテクにシュートを決められた。 ゴール!!!ヒンテレッガー(13)がゴールを決める。

77分にヒンテレッガーのオウンゴールで1失点を喫したフランクフルトだったが、鎌田の2アシストの活躍もあって3-1で快勝。 スペイン [2月28日 1:04]• 14位のヘルタ・ベルリンは、24日にブルーノ・ラッバディア前監督を解任し、翌25日にパル・ダルダイ新監督を招へい。