三郎 エリート ヤンキー

👍 第1部 非常に運が悪く、大河内家の人間と言うで小さい頃からろくな目に遭っていない。

18
春菜が聖アーバン学園に通っている(原作での聖アーバン学園は三郎が転入するための学校としか描かれておらず、春菜が通っている学校名は不明)。 一ノ瀬と桐山を都合良く葬り去ってその罪をすべて三郎に着せようとするも、桐山と一ノ瀬が生還したために自分の作戦がばれて失敗、やけくそになって三郎を殺そうとするも、その恐怖から小便を漏らして凶暴化した三郎に倒される。
三郎 エリート ヤンキー

✌ 入学願書さえ出せば合格出来るらしく、一郎・二郎に至っては退学後に再受験を認められる等、学校としての建前から大きく外れる。 「不良の殿堂」である徳丸に憧れて入学するも、抗争とは縁遠い平和な雰囲気にうんざりし、近所の荘実館高校とトラブルを起こしてしまう。

6
入学願書さえ出せば合格出来るらしく、一郎・二郎に至っては退学後に再受験を認められる等、学校としての建前から大きく外れる。
三郎 エリート ヤンキー

😍 途中登場ながら三郎は知らない大河内家の家訓を知っている。

19
大河内家と黄泉山会のゴルフで三郎と出会い、その後、三郎と自分の娘さなえを(大河内家と手を組んで日本を征服しようとするために)結婚させようとするが、さなえがボディーガードと駆け落ちしたためにその話は破談。
三郎 エリート ヤンキー

⚡ 作品解説 [編集 ] 連載開始まで [編集 ] 当時売れない新人漫画家だった阿部が晩酌で銘酊していた頃「『』と『』とヤンキーもの」をくっつけたらどうだろう? 初登場で桐山と対決し、序盤はボコボコにやられるが、痛みで覚醒して反撃に転じる。 それが悪徳業者を摘発する番組にすっぱ抜かれ、スクールはあえなく閉校。

12
腹に二郎に切腹させられた痕がある。
三郎 エリート ヤンキー

😍 ダミアン大河内(ダミアン おおこうち) 一郎の子供。

2
その時の凶暴性は尿量に比例し、恐怖による失禁以外にもトイレを我慢している時に下腹を殴られての失禁や緊張によるものでも発生する。 その後一度復活するが、わずか2時間で再び崩壊した。
三郎 エリート ヤンキー

🤭 現在はプロゴルファーを目指しており、まずゴルフ場を手に入れるところから始めた。 作品序盤辺りまでは普通に二足で立ってパンチやキックなどで闘っていたが、第2部では「キシャー! 話の舞台など [編集 ] が舞台となっており、作中の地名などは千葉県内の実在する地名をもじったものが多数登場する。

7
だが逆上した春菜により、返り討ちに遭う。